OL人気NO.1オズモール


温泉に行こう!



  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デイユース利用のメリット③

昨夜に今日利用できる楽天トラベル・デイユース検索見たら、常連ホテルが軒並みだめでしたね。東京で週末に何かイベントでもあるのかな?残りはコスパが悪いショートしかなく、これならラブホの方がマシかも。。

気を取り直して・・メリットの3つ目です。

長い時間一緒にいられる!

デイユース利用を誤解している多くの方が「3時間休憩ならラブホでいいじゃん?」とか「料金高くない?」とか思われているようです。
そんなことはありません。少しでも長く二人っきりの時間を過ごしたいカップルにはデイユースはとっても魅力的です。(え~っと・・事を成すだけのカップルの方は読み飛ばして下さい絵文字名を入力してください

デイユースプランを普通に探すとショートで4時間とか、12-18時利用の6時間とかの設定が多いです。ホテル側は夕方以降の宿泊客チェックイン前に部屋を稼動させたい意図があるからです。
でもしっかり探せばロングステイできるホテルもあります。例えば12時から夜の23時まで設定のあるホテルなら11時間もいられます。曜日によっては10時間もステイできて何と5,250円のホテルもあるんです。時間単金で約500円です。しかも休日でも利用ができるのでラブホのような平日昼間のサービスタイム利用とは訳が違います。熱々の二人には10時間も誰気兼ねなく一緒に過ごせる空間は幸せそのものです。ロングステイプランならコスパも全然良いですよ。
10時間、みなさんならどのように過ごしますか?
私は・・それはまた後日。どこのホテルがお勧めかもおいおいご紹介します。

余談ですが・・デイユースのロングステイを彼女(彼氏)にお願いしてみて拒否されたら、それはきっと少しでも一緒にいたい気持ちは片思いかもしれません。本当にお互いの気持ちが一緒じゃないと狭い部屋ですから耐え切れなくなりますので・・うしし

細かなメリットはまだ沢山ありますが、まずはこの辺で終了します
次回は「デイユース利用で気をつけること」を述べます
ではではピース

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/11/28 16:38 ] デイユース考察 | TB(0) | CM(2)

おじゃましまぁす♪

デイユース…いぃですね♪
一回だけ利用したことがありますw
ラブホぢゃないから堂々と!?w入れるんですけど、
入ったら入ったでなんか逆にドキドキした記憶がありますw

彼様とまったりしたいけど、
イマは時間がなくて厳しいかも…です(残念)


気を付けること…
また勉強しによらせていただきまぁっす^^


PS.彼女サマには(ヒトコト)メル送って仲良し復活しましたかぁ?wwww
[ 2009/11/30 08:51 ] [ 編集 ]

Re: おじゃましまぁす♪

ぼぅこさま
ご訪問ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

彼様とまったり時間、早くくるといいですね。デイユースのロングステイならずっとそばでお互いを触れながら、テレビ見たりお茶したり・・帰るのがかなり辛くなるほど親密な時間が過ごせますよ。もし利用したら感想聞かせて下さい。

ヒトコト・・送れてません。先週から喧嘩状態続行中です・・
どっちが折れるのか我慢比べみたいで。子供みたいです、私。
明日には送ってみようかなぁ~
ぼぅこさまは彼様と喧嘩したらどっちが先に折れますか?
[ 2009/11/30 23:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daykoi.blog18.fc2.com/tb.php/15-20c9637f









女性の視点で!
エルシーラブコスメティック


アダルトグッズ通販のアダルトマーケット
ホントに激安!
ホントに安心梱包



中身が判らないように
安心配送低価格!!



燃える夜
二人のためのラブグッズ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。